活動を知る

医療・保健活動

多くのいのちと人生を救う。それが私たちの海外医療活動です。

世界には医療が届きにくい場所があります。
貧困や医師不足にあえぐ途上国。日本国内の僻地離島。病気と闘う子どもたちのこころ。
そして大規模災害にあった被災地。

ジャパンハートは、医療が届かない場所で失われてゆく「いのち」を一つでも多くつなぎとめるため、医療活動を行っています。
この活動は、貧しさから医療を受けられない人々や、奇形を持ち、苦しみの中で生き続けなければならない人々を、悲しみの淵から救い出していく作業だと考えています。

ミャンマー Myanmar

2004年、ミャンマー中部ザガイン地区のワッチェ村にある病院で治療を開始。現在では、年間約2,000件の手術と、1万2千人の診療をしています。

カンボジア Cambodia

カンボジアでは、2016年にジャパンハート医療センター(ASIA Alliance Medical Center)を建設、貧しい人々を対象に無償で診療・手術を行うと共に、現地人医療者の育成にも注力しています。

ラオス Laos

医療機関へのアクセスの悪い山岳部での診療・手術、さらに救命処置の知識が乏しいラオス人医療者に対し、ラオス最大の国立病院で全看護師を対象にBLSトレーニングを実施しています。

すまいるスマイルプロジェクト ~小児がんの子どものために~

小児がんであるため、移動に不安のある子どもとご家族へ、かけがえない思い出作りを医療者がサポートしています。

地域医療 ~僻地離島~

日本の僻地離島の医療者不足解消と、「自立した看護師」を目指した人材育成のコラボ事業。僻地離島で総合的な看護を学びながら、地域医療に貢献しています。

東日本大震災復興支援

震災直後には緊急医療支援を行い、現在は、復興支援として、長期的に子どもとそれを取り巻く大人のこころのケアを継続しています。

国際緊急救援

ASEAN内の大規模災害に対し、医師・看護師を被災地へ派遣し、緊急救援活動を行っています。


お問合わせ・資料請求お問合わせ・資料請求