参加する

国際医療短期ボランティア(学生)

誰でも、子どもたちを笑顔にすることができます。国際協力にチャレンジしてみませんか?

ジャパンハートでは、海外での支援活動に参加いただける学生の方を募集しています。
医療の知識はなくとも、活躍していただいております。
技術、知識でなく、みなさんの経験が必ず活かせることがあります。あなたの可能性をもっと広げてみませんか?

 >>>各活動地の参加者の声はこちら!

ミャンマー・カンボジア・ラオス

ボランティア活動内容

・ミャンマーではお寺の病院の一部を借りて医療活動を行っています。
ジャパンハートはじまりの地、ミャンマー。現地人スタッフと共同生活しながら医療活動を行っています。

・カンボジアでは2016年5月に建設したジャパンハート医療センターで医療活動を行っています。
ボランティア活動地の中でも一番人気のカンボジア。プノンペンから車で1時間ほどの田舎で活動。赤ちゃん誕生の瞬間に立ち会える可能性も。

・ラオスでは現地の病院の一部やヘルスセンターを借りて医療活動を行っています。
山岳地域の秘境でも活動するラオス。活動のたびにジャパンハートのプノンペン事務所から活動地へチームで移動し、医療活動を行っています。
 

食事作り

食事は自炊で、スタッフが当番制で作ります。
病院やスタッフが忙しいときなど、ボランティアさんも一緒に作っていただけるととても助かります。

病院、宿舎の掃除、整備

ミャンマーでは、スタッフと一緒に毎朝、宿舎と庭の掃除をします。
カンボジアでは、活動地の掃除を皆で行います。

外来診察介助

医師と看護師、通訳が外来診察を行います。
ボランティアさんは診察時に患者さんの体を支えたり、手元が暗いときには懐中電灯で照らしたり、
使った器具を洗ったりなどお手伝いいただきます。

病棟看護ケア介助

手術が始まる、終わる前後は人手が必要です。
ボランティアさんには、看護師と一緒に、患者さんの搬送、寝衣の交換、使った器具を洗う、などをお願いします。

ガーゼ作成・滅菌、医療器具の洗浄・滅菌手伝い

ガーゼは傷の処置、手術中に血をおさえるなど、欠かせない資材です。ガーゼはスタッフが空いた時間に作っています。
また医療器具には限りがありますので、手術で使用した器具は、手早く随時洗浄・滅菌をしなければ、次の手術がスムーズに行えません。
円滑に手術をまわすために、とても重要です。

患者・患児との交流

ミャンマー人は入院する際、家族総出で泊り込むのが一般的です。そのため、病院は患者数以上の家族があふれ、病院に寝泊りしています。
言葉が通わずとも、無邪気に寄ってくる子どもたちと自然に交流を図ってみましょう。
カンボジアの、特に巡回診療では、多くの人々が集まり、診療を待ちます。
より多くの方がスムーズに診療を受けることができるよう、患者さんを案内・誘導し、
必要に応じて交流を図っていただけますと助かります。

現地人スタッフへの日本語教育

現地には日本語が話せる現地人看護師やスタッフがいます。日本語で彼らとコミュニケーションをとるのも楽しいひとときです。

日本から現地へ寄付物資搬送の協力

日本で寄付いただいた医療物資は、搬送コスト削減のため、すべて手持ちでスタッフが現地へ運んでいます。
ボランティアさんが現地へ渡航されるときにも、物資の持ちこみを協力をいただいています。

参加対象

ジャパンハート会員登録者
一般・学生
※外国語力は不要です。

国際医療短期ボランティア 
参加申込フォーム

スケジュール

募集は年間を通して、随時行っています。

実施スケジュール

定員

若干名 ※1回の手術ミッションあたり

費用

ボランティア参加にあたり、現地医療活動費をいただいています。
現地医療活動費は全て皆さま自身が参加される手術及び巡回診療活動等のために使用されています。
また渡航費(現地での移動費含む)、ビザ代、海外傷害保険などすべて自己負担です。
※活動地における既定の宿泊・食事はジャパンハートが無償提供します。

現地医療活動費              3万円

>お支払いはこちらから 
 現地医療活動費のお支払い
  


  • ※現地医療活動費は税額控除の対象になりません。なお、領収書が必要な方は、その旨ご連絡ください。
  • ※現地医療活動費は、一度お振込みをされましたら、参加を辞退された場合でも返金いたしかねます。その場合、再度参加される際は、改めて費用をお支払いいただく必要はございません。ただし、再参加の有効期限は費用をお振込みいただいてから2年以内の参加とさせていただいております。(2回目以降の場合は3年)予めご了承ください。

ボランティア参加までの流れ

参加のお申込み

以下の「参加お申込みフォーム」よりお申込みください。
あるいは応募書類に必要事項をご記入の上、郵送・FAXで下記送付先までお送りください。

ボランティア 参加お申込みフォーム

応募書類はこちらから
  1. 申込書(日本語)ダウンロード   申込書(日本語)ダウンロード
  2. 志望動機ダウンロード   志望動機ダウンロード
  3. 証明写真1枚(申込書貼付)
送付先 〒110-0016  東京都台東区台東1-33-6 セントオフィス秋葉原10階
ジャパンハート東京事務局  国際医療短期ボランティア 担当宛て
  • ※Emailはパソコンのアドレスに限る
  • ※養育施設「Dream Train」ボランティアの募集は随時行っていますが、渡航準備に約1カ月の期間を要します。 
    余裕をもったお問い合わせをお願いします。

参加決定

応募書類を事務所で受理した時点で、正式な申込完了といたします。
先着順に参加日程を確定していき、応募書類受理と参加可否(定員に達していないか)のご連絡を事務局よりいたします。

渡航の準備

「STEP2」完了後、参加日程を確定します。事務局より「参加のしおり」送付、渡航に関する諸手続きの方法をご案内します。参加者は、英文免許書申請、航空券、ビザ、海外障がい保険などの手配をすすめます。

国際航空券・ビザ(ミャンマーの場合)・活動地内での移動手配などは、ジャパンハート指定の旅行業者「MALCOトラベル」で手配を進行下さい。
指定旅行業者以外の旅行業者による手配および個人手配でのご参加は受け入れしかねます。
  MALCOトラベル(第3種旅行業 神奈川県知事登録旅行業第3-1058号)
  E-mail: infomalcotravel@gmail.com   >詳しくはこちら

現地へ出発

ボランティア 参加お申込みフォーム

Q&A

参加にあたり、現地医療活動費を支払うということですが、その他にどのくらい費用がかかりますか?
国際航空券、空港使用料、ビザ代、海外旅行傷害保険など含め約13万円程度が必要です。
※航空券は時期により大きく変動しますので、この限りではありません。
英語が苦手です。患者さんとのコミュニケーションはどうしていますか?
村の患者さんは英語がほとんど通じません。現場では現地語を使用し、現地語でのコミュニケーションとなります。また日本語が可能な現地人
通訳スタッフがいますので、ご安心ください。
現地の治安は大丈夫ですか?
原則的に現地の治安が保たれている状況で活動しています。活動中、もしも政治的な混乱や暴動など退避勧告などがなされた場合などは速
やかに撤退する体制にしています。なお、カンボジアは夜間ガードマンを配置したり、日中も宿舎にスタッフがいるよう配慮するなどセキュリティー対策をしています。

お問合わせ

お問合わせフォーム

ジャパンハートに関するお問合わせはこちらから

ジャパンハート東京事務局Tel: 03-6240-1564



お問合わせ・資料請求お問合わせ・資料請求