参加する

国内/海外インターン

iii.jpg

ジャパンハートでは、

・途上国の医療・保健に興味がある
・継続的に国際協力活動に関わりたい
・自己成長したい
・NPOの組織運営を学びたい
・国際協力を行う医師や看護師、一般のボランティアさんを支えたい


などの学生インターンを積極的に受け入れています。
インターンの活動形態は大きく分けて海外・国内の2つあります。

国内インターンはこちら   海外インターンはこちら
 

お問合わせフォーム
 

国内インターン

業務内容 *広報・資金調達:
団体のミッションや成果についてどのように発信していくか、また事業をどう資金調達につなげていくかをスタッフと共に手がけていきます。
例)
・イベント企画運営、広報、マネジメント
・マーケティング調査、戦略策定などの補佐(SNS運営など含む)
・支援者訪問の補佐業務 など

*事業サポートの補佐業務:
海外事業に関する管理(事業・資金)・マネージメント、などの補佐業務を行います。

※これらの業務のうち、ご本人との相談の上、担当する業務を決定します。
定員 若干名
資格・条件
  • 国際協力分野に興味のある方
  • 学生の方
  • Word、Excelの基本操作ができる方
  • 当団体の活動理念に賛同し、自ら積極的に仕事に取り組むことができる方
勤務地 日本(内容により短期海外出張の可能性もあり)
勤務期間 6ヶ月以上 週2回以上 希望
待遇
  • 交通費支給(上限あり)
  • 昼食代補助

興味を持たれた方は、お気軽にジャパンハートまでお問合わせください。
メールにて詳しいご説明を致します。
 

国内インターンの1日

9:00 秋葉原の事務局に出勤
9:30~10:00 本日の業務について指導係と確認
10:00~11:45 Facebook更新及びメルマガ作成
13:00~14:00 ジャパンハート事務局内の業務報告定例会議出席
14:00~15:00 資料発送・データ管理・リサーチ業務・学生向きイベント立案など
15:30~16:00 海外活動地のインターンと情報交換
16:00~17:00 次の出勤日を確認後、退社

参加者の声 那須田 玲菜さん

数年前から国際協力に興味を持ち、様々なNGO・NPO団体の説明会に参加したり、途上国にも足を運びました。しかし、パソコン業務が苦手で、かつビジネスマナーについての自信もありませんでした。これでは迷惑を掛けるだけ...と思いながらもインターンを始め、半年以上が経ち、今はジャパンハートに飛び込んで良かったと強く感じています。課題を考え、成果を出す。何をしたいのか、何ができるのか、何をするべきか、実際にアクションを起こしたときに何が課題となるのか。その一連について熟考し成果を出す。地に足を付けた状態で理想を形にして行くというバランス感覚は、まだまだですが半年前の私にはなかった能力です。
短い期間の中で自分の成長がわかる機会に恵まれたことに感謝しています。これからも国際協力に関わりながら、可能性を見つけ、能力を磨いていきたいです。

海外【長期】インターン

業務内容 活動全般の補佐業務(一般事務・広報・データ管理など)
・日本からの短期ボランティアのオリエンテーション、コーディネーション
・ジャパンハートの活動を広く知って頂くための広報活動(SNS含む)
・各事業に必要な書類の管理・調達・リサーチ
・スタディツアー・イベントの企画・受け入れ
※これらの活動の中から、本人との相談の上担当する業務を決定します。
定員 若干名
資格・条件
  • 国際協力分野に興味のある方
  • 学生の方
  • Word、Excelの基本操作ができる方
  • 当団体の活動理念に賛同し、自ら積極的に仕事に取り組むことができる方
勤務地 カンボジア・ミャンマー・ラオス
勤務地 上記より応相談:東京事務局で2週間程度の事前研修があります。
勤務期間 2018年4月~2019年3月まで(応相談):ミャンマー
2019年3月~2020年3月まで(応相談):カンボジア・ミャンマー・ラオス
待遇 滞在場所は宿舎の用意有り。※海外渡航費、ビザ代、海外旅行保険料、予防接種代(任意接種)、食事代等は自己負担

興味を持たれた方は、お気軽にジャパンハートまでお問合わせください。
メールにて詳しいご説明を致します。

海外インターンの一日

        
8:00~ 朝礼(夜勤担当者からの引き継ぎ、ミーティング)
8:30~10:00 東京事務局との連絡調整(国際医療短期ボランティア現地窓口)
10:00~12:00 短期ボランティアオリエンテーション 見学者対応
14:00~16:00 手術室フォロー(手術機械洗浄・滅菌、手術着洗濯)
16:00~17:00 短期ボランティアお見送り
17:00~ 終礼(ミーティング)

参加者の声 佐々木 蓮さん

sasaki_intern.jpg

大学を1年休学し、学生インターンとして東京事務局での研修の後、カンボジアに赴任しました。ジャパンハートの活動で得られる無限大の可能性の中、非医療者である自分にできる事は何かと戸惑いつつ、私にしか出来ない仕事を探求し、プライドを持ちながら活動することができ大変貴重な経験となりました。病院を動かすにはもちろん医療者の力はかかせませんが、学生の私にも患者さんのためになること、病院をより良く運営していく力になることができます。人との出会いの機会は大変多く、今まで関わったことのない分野の人など連日巡り合う多種多様な人々に囲まれ人脈が広がり、これからの自分と本気で向き合い将来を考えるきっかけとなりました。

お問合わせ

お問合わせフォーム

ジャパンハートに関するお問合わせはこちらから

ジャパンハート東京事務局Tel: 03-6240-1564


カンボジア【短期】インターン

業務内容
※下記の活動の中から、本人との相談の上担当する業務を決定します。
  • 短期ボランティアや医療奨学生のサポート
  • ジャパンハートの活動を広く知って頂くための広報活動(SNS含む)
  • 現地ボランティアや医療奨学生のサポート
  • スタディツアー・講演会などの企画・受け入れ
定員
なし
資格・条件
  • 学生の方
  • 海外でNGOの活動を体験したいけれど、長期で参加するのは難しい方
  • カンボジアの文化を理解し、カンボジア人スタッフと協働できる方
  • 自分の行動に責任を持ち、自分の身を自分で守る意識のある方
     
勤務地
カンボジア・カンダール州 ジャパンハート医療センター
勤務期間
2週間から2か月間まで、フレキシブルに対応
待遇
  • 航空券、宿泊費、海外旅行保険、食費などはすべてインターンの負担
  • ※現地在住のボランティアコーディネーターが、各種お手伝いをさせて頂きます

カンボジア短期インターンの一日(参考)

8:00 朝礼参加
8:30 SNS更新
10:00~12:00 患者さんとコミュニケーション
13:00~16:00 短期ボランティア対応、清掃、洗濯他
17:00 終礼参加
17:30 短期ボランティア参加者と夕食

参加者の声 福原 蛍さん

福原 (1).jpg

もともと国際協力に興味があったことが参加のきっかけです。ただ、自分が何かをしたいというよりも、NGOがどんな組織で、どんな人がそこにいるのかを知りたかったので、ボランティアではなくインターンとして参加しました。
 インターンにさんかして参加してよかったと思った点は、より多くの人と接することができた点です。ボランティアさんとも駐在スタッフとも多くのコミュニケーションをとる必要があり、3週間という短いようで長い滞在期間の中で、いろんな人の考え方や価値観に触れることができました。
 「当たり前が当たり前ではないこと」を頭でわかっていたつもりでしたが、実際に滞在して、感じるものが多くありました。百聞は一見に如かず、の重要性を再認識しました。就活が始まる前に、自分の軸をさらに定めたくてここに来たのですが、自分のあたらな軸を見つけることができました。ぜひ何かひとつ「これがしたい」という気持ちを持って現地へ行くと、より密度の濃い時間がすごせると思います。自由度が比較的高い短期インターンだからこそ、自分の意思を明確に持っておく必要性を感じました。また、海外インターンならでは、現地の人とのクメール語でのコミュニケーションやゴザで寝る生活も貴重な経験でした。ぜひ「郷に入っては郷に従え」に」に従い、現地での生活もお楽しみください。

 
 

お問合わせ

お問合わせフォーム

ジャパンハートに関するお問合わせはこちらから

ジャパンハート東京事務局Tel: 03-6240-1564



お問合わせ・資料請求お問合わせ・資料請求