特定非営利活動法人ジャパンハート

カンボジア

お問合わせ・資料.請求

文字サイズ

ジャパンハート特設サイト

×閉じる

夢の架け橋プロジェクト ~カンボジア奨学金支援~

優秀なのに、貧しさのために進学できない学生を支援

成績優秀なのに、家庭が貧しいために進学することが出来ない、医師・看護師を目指す地方出身の高校生を支援しています。


なぜ今、医療者育成が必要なのか

1975年~1979年のカンボジアは、ポルポトによる社会主義政権の誕生と内戦の影響で、ポルポト政権陥落後最終的に医師数は40名まで激減したと言われています。その後、政府は医学部を1年で卒業させ、地方に送るという施策をとりました。 このような医療の歴史的背景を抱えるカンボジアは、今なお、国民の医療者に対する不信感は強く、住民数に対する医療者の絶対数もまだまだ足りていません。また貧困により適切な医療サービスを受けられないまま命を落とす人もいます。  ジャパンハートはカンボジアの未来の医療を担っていく地方の高校生をサポートしたいと思い、2011年度より奨学生支援を開始しました。

質の高い医療者を育てる

「自らの力で自らの国を立て直していく」という方針のもと、貧しくとも医療者になりたいと希望する地方の高校生が大学(医学部・看護学部)へ入学し、医師・看護師免許を取得できるようにサポートします。奨学金支援だけでなく、質の高い医療を学ぶ場を提供し、質の高い医師・看護師を育てることを目的としています。
疾患や語学等に関する日本人による講義も行っています。また学生の頃から実際に医療活動・保健活動にも参加し、ジャパンハートが掲げる「こころも救済する医療」に触れながら実践的なトレーニングも行います。大学卒業後も2年間、ジャパンハートで働き、研修を行い、質の高い医療を学べる場を提供します。


学生の夢を支援をする

奨学金生の支援は、一人一人の学生に対して里親制度を用いて行っています。
カンボジアの医療発展のために、懸命に勉学に励む学生たちの成長を見守りながら、資金面でご支援いただける里親様の方を募集しています。

対象

両親がいない、もしくは片親、家族に病人がいるなど、家庭が貧しく教育などの環境が享受できない医師・看護師志望のカンボジアの地方の高校生。
支援をするには、「里親になる」、「寄付をする」の2種類の方法があります。

奨学金生の里親になる

夢の架け橋プロジェクトに寄付をする

お問合わせ

お問合わせフォーム

ジャパンハートに関する
お問合わせはこちらから

ジャパンハート東京事務局
Tel: 03-6240-1564